芍薬(しゃくやく)初夏

syakunage【子季語】
貎佳草、花の宰相
【解説】
ボタン科の多年草。牡丹に似ているが、牡丹は木、芍薬は草であ る。園芸種が多く、花色も純白から深紅まで、変化に富む。薬の原料として用いられてきた歴史もある。

*

芍薬を如意にもち行く御僧哉
竜眠 「誹諧新選」

芍薬の蕊の湧き立つ日南(ひなた)かな
太祇 「誹諧新選」

芍薬やおくに蔵ある浄土寺
大江丸 「俳懺悔」

芍薬のつんとさきけり禅宗寺
一茶 「八番日記」

芍薬の蕾をゆする雨と風
前田普羅 「春寒浅間山」

芍薬を剪るしろがねの鋏かな
日野草城 「花氷」

芍薬をぶつきらぼうに提げて来し
長谷川櫂 「古志」

芍薬のなかばねむりてゐるかたち
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。