七竈(ななかまど)晩秋

【解説】
バラ科の落葉高木。山野に自生する。燃えにくい木で、七度竈に 入れても燃え残るといわれたところから名が付いた。秋が深まる と葉が真っ赤に紅葉し美しい。また丸い実も赤く熟し、目をひく。

コメントは受け付けていません。