葉牡丹(はぼたん)晩冬

【子季語】
牡丹菜
【解説】
アブラ菜科の越年草でキャベツの変種。クリーム色や赤紫色などがあり、牡丹のようだというのでこの名が付いた。正月用の生け花や鉢植として観賞される。
【科学的見解】
葉牡丹(ハボタン)は、非結球性のキャベツの仲間である。様々な園芸品種が作出されており、花壇などに植栽されている。近年では、日本の冬の代表的な園芸植物となっている。春になると、他のアブラナ科植物同様に花茎が伸び、黄色い花を咲かせる。(藤吉正明記)

葉牡丹の一枚いかる形かな
原石鼎 「花影」

二株の葉牡丹瑠璃の色違ひ
西山泊雲 「泊雲句集」

葉牡丹の深紫の寒の内
松本たかし 「松本たかし句集」

葉牡丹に鉢の木をこそ謡ひけれ
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。