蒲の穂(がまのほ)晩夏


【子季語】
蒲の花、蒲鉾
【解説】
ガマ科の多年草。川、池、湿地など水辺に群生する。七~八月頃、 直立した茎の先に茶色い円筒状花穂をつける。茶色い部分は雌花 の集まりで、その上部に少し色の淡い雄花をつける。その後雌花 は真白な絮となり飛散する。

コメントは受け付けていません。