踊子草(おどりこそう、をどりこさう)初夏

【子季語】
踊草、踊花、虚無僧花
【解説】
シソ科の多年草。道端や垣根のスキ間、空き地などに群生してい る。花の形が笠をかぶって踊る人のように見える。花は淡紅紫色 または白で、ハート形の対生した葉の基部につく。抜き取って吸 うと甘い。

*

梢からはやす蛙やをどり花
一茶 「九番日記」

コメントは受け付けていません。