河骨(こうほね、かうほね)仲夏

【子季語】
かはほね
【解説】
スイレン科の多年草。水のきれいな沼、池、川などの浅い所に自 生する。太く白い根が白骨のように見える。六~七月頃水中から 花茎をのばし、水面上に黄色い花をつける。葉はさといもの葉に 似ている
【科学的見解】
河骨(コウホネ)は、北海道西南部から九州の浅い池や沼に生育する抽水型の水生植物である。地下茎を乾燥したものを川骨(せんこつ)と呼び、薬用となる。近縁種は多く、変種も含めて十種程度が存在し、どの種も近年個体数が減少している。(藤吉正明記)

河骨の終にひらかぬ花盛り
山口素堂 「いつを昔」

河骨の二もとさくや雨の中
蕪村 「蕪村句集」

河骨の金鈴ふるふ流れかな
川端茅舎 「華厳」

人寝て河骨ばかり月夜かな
長谷川櫂 「松島」

コメントは受け付けていません。