山桜(やまざくら)晩春

【子季語】
犬桜、吉野桜
【解説】
バラ科の落葉高木。桜の一種。ソメイヨシノが広まるまでは桜と いえば山桜のことであった。赤や緑、茶色などの美しい新芽と共 に開花する。白っぽい花が多く、新芽との対比が美しい。花期も ソメイヨシノより遅い。
【科学的見解】
山桜(ヤマザクラ)は、本州から九州までに分布する野生の桜であるが、花の美しさから公園などにも西日本を中心に多く植栽されている。ヤマザクラは、開花とともに赤紫色の新葉が展開するのが特徴である。公園などによく植栽されているソメイヨシノは、野生の桜であるエドヒガンとオオシマザクラの雑種とされているが、近年の科学分析では、ヤマザクラの遺伝子も一部含まれていることが報告されている。(藤吉正明記)

見返へれば寒し日暮れの山桜
来山 「平包」

うかれける人や初瀬の山桜
芭蕉 「続山井」

うらやましうき世の北の山桜
芭蕉 「北の山」

草履の尻折てかへらん山桜
芭蕉  「江戸蛇之鮓」

風吹けば尾細うなるや犬桜
芭蕉  「続山の井」

やまざくら瓦ふくもの先ふたつ
芭蕉 「笈日記」

みよしの野ちか道寒し山桜
蕪村 「蕪村句集」

剛力は徒(ただ)に見過ぬ山ざくら
蕪村 「蕪村句集」

暮んとす春をゝしほの山ざくら
蕪村 「蕪村句集」

銭買て入るやよしのゝ山ざくら
蕪村 「蕪村句集」

哥(うた)屑の松に吹れて山ざくら
蕪村 「蕪村句集」

まだきとも散りしとも見ゆれ山桜
蕪村 「蕪村句集」

海手より日は照つけて山ざくら
蕪村 「蕪村句集」

見おろせば人里深し山ざくら
麦水 「葛箒」

一里行き二里行く深山桜かな
二柳 「其雪影」

山桜青き夜空をちりゐたり
石橋辰之助 「山暦」

山桜白きが上の月夜かな
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

曙や露とくとくと山桜
臼田亜浪 「旅人」

朝の気の天はかヾみや山桜
西山泊雲 「泊雲句集」

大寺に足場組みけり山桜
岡本癖三酔 「癖三酔句集」

人の世は命つぶてや山桜
森澄雄 「餘日」

日月が知る一本の山桜
森澄雄 「白小」

湯の少女臍すこやかに山ざくら
飯田龍太「童眸」

晩年の父母あかつきの山ざくら
飯田龍太「童眸」

湯に立ちて赤子あゆめり山桜
長谷川櫂 「果実」

コメントは受け付けていません。