沢瀉(おもだか)仲夏

【子季語】
面高、花慈姑、生藺
【解説】
オモダカ科の水草。沼、池等の水中に自生する。根から矢じり形 の特徴のある葉が出て葉の間から花茎をのばし三片の白い涼しげ な花を咲かせる。

*

破れ壺におもだか細く咲きにけり
鬼貫 「大丸」

沢瀉や花の数添ふ魚の泡
太祇 「太祇句選」

沢瀉は水のうらかく矢尻かな
蕪村 「落日庵句集」

コメントは受け付けていません。