額の花(がくのはな)仲夏

【子季語】
額紫陽花、額草、額花
【解説】
ユキノシタ科の落葉低木。紫陽花の一種だが、花は毬状にならず 平に咲く。中心部は小さな花が粒々と密集してつき、その外側に 四片の装飾花をまばらにつける。花は白っぽい色から、青、赤紫、 ピンクなどに変化してゆく。

*

今年の二度ある梅雨や額の花
松本たかし 「松本たかし句集」

あけがたや額の咲くより空ひくく
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。