鬼貫忌(おにつらき)仲秋

【子季語】
【解説】
元禄期の俳人、上島鬼貫の忌日。陰暦八月二日。鬼貫は、伊丹の 酒造りの家に生まれ、大和郡山藩に出仕した武士であった。俳句 は松江維舟、西山宗因に学び、伊丹風俳諧の中心的存在となる。
*

軽くなる俳諧あはれ鬼貫忌
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。