霧氷(むひょう)晩冬

【子季語】
樹霜、粗氷、木花、霧の花、霧氷林
【解説】
気温が氷点下になった時に、水蒸気や霧が氷結して木の枝に白く 凍りついたもの。朝日や夕日に照らされて輝く様は多くの人を魅 了する。

*

製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

コメントは受け付けていません。