夏衣(なつごろも)三夏

【子季語】
夏着、夏物、麻衣
【解説】
夏に着る衣服で特に和服のこと。生地には木綿や絹、麻類、上布 類など夏に向いた素材を使う。「裁つ」や「紐」などにかけた枕 詞として使われる。

*

着馴れても折目高しや夏衣
来山 「童子教」

炭焼や雪に馴れしを夏小着布
言水 「東日記」

夏衣いまだ虱をとりつくさず
芭蕉 「野ざらし紀行」

下帯の結目たかし夏衣
尚白 「忘梅」

コメントは受け付けていません。