秋の夜(あきのよる)三秋

【子季語】
秋夜、夜半の秋
【解説】
夜が段々と長くなり、静かな感じがある。外は、月が昇り、虫が 鳴いている。そのような夜には勉強などの様々な作業に集中でき る。

*

秋の夜を打ち崩したる話かな
芭蕉 「笈日記」

軒に寝る人追ふ声や夜半の秋
蕪村 「題苑集」

枕上秋の夜を守る刀かな
蕪村 「新選」

逢坂の町や針研ぐ夜半の秋
几董 「井華集」

秋の夜もそぞろに雲の光りかな
暁台 「暁台句集」

秋の夜や旅の男の針仕事
一茶 「寛政句帖」

秋の夜のオリオン低し胸の上
石田波郷 「病鴈」

秋の夜の俳諧燃ゆる思かな
石田波郷「病鴈」

秋の夜の憤ろしき何々ぞ
石田波郷「病鴈」
亡き父の秋夜濡れたる机拭く
飯田龍太 「麓の人」

秋の夜のまだまだ深みゆくらしく
長谷川櫂 「虚空」

コメントは受け付けていません。