巣立鳥(すだちどり)初夏

【子季語】
巣立、親鳥、子鳥、鳥巣立つ
【解説】
春、巣の中でに孵った雛鳥が飛べるまでに成長し、初夏の頃に次 々に巣から離れていくこと。

*

其夜から雨に逢ひけり巣立鳥
一茶 「文化句帖」

コメントは受け付けていません。