息白し(いきしろし)三冬

【子季語】
白息
【解説】
冬の朝、気温が低くなる時間帯になると、吐く息に含まれる水蒸 気が冷やされて、白く見えること。

*

ながく深く白き息して身ごもれる
長谷川櫂 「古志」

コメントは受け付けていません。