霜除(しもよけ)初冬

【子季語】
霜覆、霜囲
【解説】
庭木や草花を霜の害から防ぐためのもの。藁や筵などで草木を覆 うのが一般的。蘇鉄などの亜熱帯植物を菰で包んだり、松などで も樹皮を守るために覆いをする。藁などをいぶしたりして防ぐ方 法もある。牡丹や、芍薬のような背の低い草木には藁で作った覆 いが被せられる。

*

母親を霜よけにして寝た子かな
一茶 「八番日記」

霜除や青きもまじる茅芒
村上鬼城 「定本鬼城句集」

霜除や月より冴ゆるオリオン座
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。