五月(ごがつ、ごぐわつ)初夏

【子季語】
五月来る、聖五月
【解説】
この月から夏に入るが、まだ、暑さや湿気が少ない。新緑が萌え て、一年の中でも特に清々しさを感じられる頃である。

*

海ははれて比叡ふりのこす五月哉
芭蕉 「詠草」

うすうすと窓に日のさす五月かな  
正岡子規 「寒山落木」

門川に流れ藻絶えぬ五月かな 
河東碧梧桐 「筑摩文学全集」

美しき五月微熱を憂しとせぬ 
日野草城 「旦暮」

とぎ屋きて村の五月の簷下に
長谷川素逝 「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。