沈丁花(じんちょうげ、ぢんちやうげ)三春

【子季語】
ちやうじぐさ、瑞香、沈丁、丁字
【解説】
中国原産の常緑灌木。鈍い光沢のある卵形の葉をもち、庭や垣に 植えられる。薄紅の小さな薬玉のような花を球状につける。花は 名の示すとおり沈香と丁字の香を併せもち、その鮮やかな匂いで 春の到来を告げる。
【科学的見解】
沈丁花(ジンチョウゲ)は、中国原産と言われているが、自然分布域は明らかになっていない。日本には、すでに室町時代に渡来していた記録がある。庭先や公園などに人家近くに植栽されているのがほとんどで、自然の野山にはほどんど見られない。(藤吉正明記)

沈丁花鉢に愛せり堺すぢ
大魯 「発句題林集」

沈丁や死相あらはれ死相きえ
川端茅舎 「華厳」

沈丁の香の強ければ雨やらん
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。