鹿火屋(かびや)三秋

【子季語】
鹿小屋、鹿火屋守
【解説】
山の田畑を鹿や猪から守るため、火を焚いて獣がきらう臭いを燻 らせる。この火を鹿火といい、その番小屋が鹿火屋。ここで、番 人が一晩中、大声をあげたり、板や銅鑼などを打ち鳴らしたりし たという。

*

鹿小屋の火にさしむくや庵の窓
丈草 「続有磯海」

淋しさにまた銅鑼うつや鹿火屋守
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。