満天星の花(どうだんのはな)晩春

【子季語】
満天星躑躅
【解説】
ツツジ科の落葉灌木。ドウダンとは灯台の意味で、分枝する形が 古い燭台に似ていたことに由来する。四月頃、若葉とともに長い 柄のある壺型の白い花を多数ぶら下げる。鈴蘭のような可憐な花 も愛されるが、秋の紅葉も実に鮮やか。

コメントは受け付けていません。