鶸(ひわ、ひは)晩秋

【子季語】
真鶸、紅鶸、小紅鶸、金雀、金翅雀
【解説】
鶸にはいくつかの種類があるが、真鶸は雀よりやや小ぶりで、黄 緑の羽色が美しい。十月ごろ、シベリア地方から大群となって渡 ってきて、冬期には十数羽の群にわかれて低山帯で過ごす。チュ イーンチュイーンと高く澄んだ声で鳴く。

*

鶸渡る空や寺子の起き時分
浪化 「浪化上人日記」

鶸鳴くや杉の梢に日の残り
柏後 「野梅」

砂丘よりかぶさつて来ぬ鶸のむれ
鈴木花蓑 「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。