樒の花(しきみのはな)晩春

【子季語】
花樒、かうしばの花
【解説】
山中に多く自生するモクレン科の常緑小喬木。四月頃、葉の付け 根に芳香のある淡黄の花をつけ、秋には星形の実を結ぶ。仏や墓 に供えたり、木は抹香や数珠の材となるなど仏事と関係が深い。

*

山住も樒の花をみる日かな
雲舎 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。