咳(せき)三冬

【子季語】
しはぶき、咳く
【解説】
寒さや風邪などの病気により、喉や気管に刺激を受けて短く強い 息が起こる。これが咳であり、身体の防御反応のひとつ。湿った 咳や乾いた咳などさまざまな咳があるが、激しく咳き込む姿は傍 目にも辛いものがある。

*

雪屋根の眉に迫れり咳をのむ
臼田亜浪 「白道」

咳止んでわれ洞然とありにけり
川端茅舎 「川端茅舎句集」

咳き込めば我火の玉のごとくなり
川端茅舎 「白痴」

思ふこと多ければ咳しげく出づ
日野草城 「銀」

コメントは受け付けていません。