雪下駄(ゆきげた)三冬

【子季語】
防寒草履
【解説】
雪道を歩くとき、雪や氷に滑らないようにゴムや金具などで細工 を施した下駄。下駄の歯を普通の一倍半ほど高くし、多くは防水、 防寒用の爪革がついている。爪革に羽毛を用いたり、彩色を施し た華やかなものもある。

コメントは受け付けていません。