下り簗(くだりやな)仲秋

【解説】
秋、産卵を終えて川を下る魚を獲る仕掛け。石などを積み川幅を 狭めて流れを導いたところに、簀の子状の台を設置する。そこに 掛かった「落鮎」「落鰻」「落鮒」などを捕獲する。吹き渡る秋 風や、爽やかな川音が聞こえてくる言葉。

*

ものの葉に魚のまとふや下り簗
太祇 「太祇句選」

行く秋の所々や下り簗
蕪村 「落日庵句集」

またしても狐見舞ひぬ下り簗
召波 「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。