麦蒔(むぎまき)初冬

【子季語】
麦蒔く
【解説】
麦には、水田の裏作とする小麦や、家畜の飼料とする大麦がある。 麦蒔の時期はその種類や気候によって幅があり、およそ八月下旬 から十二月上旬くらいまで。本格的な寒さが訪れる前に終わらせ る、農繁期最後の仕事。

*

麦蒔の伊吹をほめる日和かな
支考 「国の華」

麦蒔の日は笠寺に静かなり
涼菟 「山中集」

麦蒔や百まで生きる皃ばかり
蕪村 「蕪村句集」

春日野の片端麦を蒔きそめぬ
暁台 「暁台句集」

麦蒔やたばねあげたる桑の枝
正岡子規 「獺祭句帖抄」

コメントは受け付けていません。