紙子(かみこ)三冬

【子季語】
紙衣、紙ぎぬ、素紙子、白紙子、紙子売
【解説】
和紙を糊でつないで、柿渋を何度も塗り乾かしたあと一晩露にさ らし、揉んで柔らかな衣類に仕上げたもの。元来、僧侶や隠士が 寒さを防ぐ衣類として用いた。渋を塗らない白紙子は、二月堂お 水取りの連行僧の行衣にも使われる。

*

ためつけて雪見にまかる紙衣かな
芭蕉 「笈の小文」

むかしせし恋の重荷や紙子夜着
其角 「水ひらめ」

あるほどの伊達仕尽して帋子かな
園女 「玉藻集」

めし粒で紙子の破れふたぎけり
蕪村 「蕪村句集」

二君には仕へ申さぬ紙子かな
内藤鳴雪 「鳴雪俳句鈔」

我死なば紙子を誰に譲るべき
夏目漱石 「漱石全集」

コメントは受け付けていません。