葛餅(くずもち)三夏

【解説】
葛粉を練って餅状にした菓子をいうが、一般には、小麦澱粉で作った「くず餅」がよく知られる。冷やして三角に切り、蜜と黄粉をかけて食べる。ひんやり、ぷりぷりした口当たりが魅力。古くから亀戸天神や川崎大師などの門前でも売られてきた。

コメントは受け付けていません。