冬芽(ふゆめ)三冬

【子季語】
冬木の芽
【解説】
春にほころびる木の芽は、おおむね秋のあいだにきざし、鱗片や 樹脂などに保護されて寒い冬を越す。辛夷、木蓮、梅、桜など裸 木となった落葉樹の冬芽は案外とよく目立つものである。 

*

木々冬芽凍のゆるみに濃紫
前田普羅  「飛騨紬」

コメントは受け付けていません。