水引の花(みずひきのはな、みづひきのはな)仲秋

【子季語】
水引草、水引、金線草、銀水引、御所水引、金糸草、毛蓼
【解説】
タデ科の多年草。八月頃花軸をのばし、赤い小花を無数につける。 花の下側が白く、紅白の水引のように見えることからこの名がつ いた。

*

かひなしや水引草の花ざかり
正岡子規 「季語別子規俳句集」

水引の花が暮るればともす庵
村上鬼城 「定本鬼城句集」

水引や人かかれゆく瀧の怪我
前田普羅 「普羅句集」

木もれ日は移りやすけれ水引草
渡辺水巴 「水巴句集」

生涯にひとたび会ひき水引草
石田波郷「酒中花」

コメントは受け付けていません。