苗札(なえふだ、なへふだ)仲春

【解説】
種を蒔いたり苗を植えた時、その名称、品種などを書いた札を立 てる。これが苗札である。昔は木の札であったが、最近はプラス チックのものが多い。

*

苗札の上あたらしき竹を組む
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。