べつたら市(べったらいち)初冬

【解説】
十月十九日と二十日東京日本橋の大伝馬町通に立つべったら漬を 売る市。もともとは、えびす講にお供えをするためのものを商う 市であったが浅漬け大根のべったら漬けがよく売れたことから 「べったら市」と呼ばれるようになった。

コメントは受け付けていません。