孑孑(ぼうふら)三夏

【子季語】
ぼうふり、棒振虫
【解説】
蚊の幼虫で溝、池、水槽などの淀んだ水にすむ。尾に呼吸管をも ち、棒を振るような格好で浮いたり沈んだりするので、ぼうふり とも言う。一週間位で羽化し成虫となる。

*

身やかくてぼうふり虫の尻かしら
路通 「草庵集」

ぼうふりやなまなか澄める腐れ水 
太祇 「太祇句選後篇」

ぼうふりの水や長沙の裏借家
蕪村 「新花摘」

棒振や少し日のさすたまり水
嘯山 「葎亭句集」

孑孑や日にいく度のうきしづみ
一茶 「七番日記」

孑孑や松葉の沈む手水鉢 
正岡子規 「季語別子規俳句集」

孑孑のかがやく尻を水のうへ
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。