遠足(えんそく、ゑんそく)晩春

ensoku
【解説】
春のあたたかな一日、幼稚園、小学校などの課外行事として郊外 などで遊ぶこと。リュックを背負い水筒をぶら下げて歩く子ども たちの様子は今も昔も変わらない。四月頃が好適である。

*

遠足の富士見ゆるとて囃しけり 
嶋田青峰 「青峰集」

コメントは受け付けていません。