菊枕(きくまくら)晩秋

【子季語】
菊の枕、幽人枕
【解説】
干した菊の花を入れて作った枕。摘んだ花を陰干しにしてよく乾 かし枕の中味にする。ほのかに菊の香る枕は、安眠の効用もある。 虚子の長寿を願い、菊枕を贈った杉田久女 のことはつとに知ら れている。

*

比の千代を今日の馳走よ菊枕
季吟 「庵桜」

白妙の菊の枕を縫ひ上げし
杉田久女 「杉田久女句集」

ちなみぬふ陶淵明の菊枕
杉田久女 「杉田久女句集」

菊慈童の思ひに菊の枕かな
青木月斗 「時雨」

コメントは受け付けていません。