蜘蛛の囲(くものい、くものゐ)三夏

【子季語】
蜘蛛の巣、蜘蛛の網、蜘蛛の糸
【解説】
蜘蛛は糸を分泌して粘着力のある網を張り、網にかかった昆虫な どを捕食する。巣の形、大きさ、作り方、など種類によって異な るが、きわめて巧緻である。森の中や水の上、縁の下、室内など どこにでも囲を張る。露のついた巣、光に輝く巣などは美しい。

*

眼前に蜘の巣かかり夕山河
川端茅舎 「春水光輪」

塵取の手にも夕べの蜘蛛の糸
鈴木花蓑 「同人句集」

コメントは受け付けていません。