鷲(わし)三冬

【子季語】
犬鷲、尾白鷲、大鷲
【解説】
日本には、犬鷲、大鷲、尾白鷲の三種類が生息している。人には 害を加えず、生きている鳥や、獣、魚を餌とする。鷲は鳥の中で 最も体が大きく勇猛である。

*

鷲の巣の樟の枯枝に日は入ぬ
凡兆  「猿蓑」

磯鷲はかならず岩にとまりけり
原石鼎 「石鼎全集」

コメントは受け付けていません。