冬景色(ふゆげしき)三冬

【子季語】
冬の景、冬の色、冬景
【解説】
草も木も枯れはてた冬の景色である。枯木ばかりの山や、草が枯 れ伏した野原など寂寞としたものがある。

*

帆かけ舟あれや堅田の冬げしき
其角  「いつを昔」

夕暮を惜む隙なし冬げしき
支考 「夜話狂」

川中に川一すぢや冬げしき
暁台 「暮雨巷句集」

君まさで松に声なし冬の色
支考 「越の名残」

コメントは受け付けていません。