飾売(かざりうり)暮

【子季語】
楪葉売、飾藁売、小松売、飾松売、歯朶売
【解説】
歳末近くになると神社の境内などで小屋がけの店が並び、正月に 使う注連飾、門松、その他の飾り物を商う。印半纏を着た男たち の威勢のいい声が飛び交う。

コメントは受け付けていません。