夏至(げし)仲夏

【子季語】
夏至の日
【解説】
二十四節気の一つ。この日北半球では、太陽は最も高いところに あって一年中で昼が一番長い。だが、実際には梅雨のさ中である ために、からりとした晴天に恵まれることはあまりない。

*

心澄めば怒濤ぞ聞こゆ夏至の雨
臼田亜浪 「白道」

コメントは受け付けていません。