冬安居(ふゆあんご)三冬

【子季語】
雪安居
【解説】
夏安居に対して冬に行われるものをいう。寒冷期に九旬(約九十 日間)座禅などの修行に勤める。

*

灯の声をたのしむ冬の安居かな
吉田冬葉 「青嵐」

コメントは受け付けていません。