寒天製す(かんてんせいす)晩冬

【子季語】
寒天造る、寒天晒す、寒天干す
【解説】
天草を煮た液を木箱に流し込んで凝固させると心太ができる。こ れを真冬の夜の戸外に出して凍らせ、昼間は解かす。十日ほどそ の作業をくり返すと寒天ができる。古くは伏見、今は長野、岐阜、 三重が産地。

コメントは受け付けていません。