炭斗(すみとり)三冬

【子季語】
炭籠、炭瓢、烏府、炭櫃、十能、炭箱、炭取、神折敷
【解説】
炉や火鉢に炭をつぐために、炭を入れておくための容れ物。内を 紙張りした丸籠や木箱、瓢箪や夕顔をくり抜いたものなど形はさ まざま。茶の湯では大切な茶道具の一つ。

*

すみとりや丸瓢箪の生れつき
貞徳 「山の井」

炭取に侘びしき箸の火ばしかな
召波 「春泥発句集」

炭斗や病む児にひゞく蓋の音
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。