鯉幟(こいのぼり、こひのぼり)初夏

【子季語】
五月鯉
【解説】
端午の節句に男の子の出世と健康を願って立てる。江戸時代から のならわし。明治時代の末頃までは紙製であったが、今はほとん ど布製である。

*

鯉幟岳麓の田植始まれり
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。