綿入(わたいれ)三冬

【子季語】
布子、小袖、おひえ
【解説】
保温のため、表地と裏地の間に綿を入れた着物をいう。木綿の綿を 入れた着物を布子、絹の綿を入れた着物を小袖という。上着に綿を 入れたのは比較的新しく、その土地の気候や生活様式などの違いに より、形も様々である。

*

木がらしに吹きぬき布子一つかな
一茶 「九番日記」

コメントは受け付けていません。