手焙(てあぶり)三冬

teaburi
【子季語】
手炉
【解説】
手をあたためるための小さな火鉢。陶製、金属製のものがある。 穴のあいた蓋や籐のかごをかぶせたもの、蔓や紐をつけて持ち歩 けるようにしたものもある。

*

誰が子ぞ手炉の蒲団の唐にしき
蝶夢 「草根発句集」

コメントは受け付けていません。