寒垢離(かんごり)晩冬

【子季語】
寒行
【解説】
寒の三十日間、心身を清めて神仏に仕えること。冷水を浴びたり 滝に打たれたりして経を唱える。

*

寒垢離の耳の水ふる勢かな
太祇 「太祇句選」

寒垢離に尻背けたり繋ぎ馬
蕪村 「落日庵句集」

寒垢離の風に乗り行く歩みかな
召波 「春泥発句集」

寒垢離にせなかの竜の披露かな
一茶 「八番日記」

コメントは受け付けていません。