木守(きまもり)三冬

【子季語】
木もり、木まぶり、木守柿、木守柚
【解説】
収穫のあとに、一つだけ木に残しておく柿の実や柚子の実、かぼ すの実などをいう。来年もよく実がつくようにという祈りとも、 あるいは小鳥のために残しておくともいわれる。

コメントは受け付けていません。