蛇穴を出づ(へびあなをいづ)仲春

【子季語】
蛇穴を出る、蛇出づ
【解説】
地中で冬眠していた蛇は三月下旬から四月頃、地上に姿をみせる。 東北以北や山地ではそれよりおくれる。一つの穴に多くの蛇が一 塊になっていることもある。啓蟄に関連した題目として使われる 俳味あふれる季語である。

*

けつかうな御世とや蛇も穴を出る
一茶 「九番日記」

穴を出て古石垣の蛇細し
正岡子規 「寒山落木」

蛇穴を出でて石垣の春の水
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

蝮出て野に桃色の花ばかり
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。