龍の玉(りゅうのたま)三冬

ryunotama【子季語】
蛇の髯の実、竜の髯の実
【解説】
龍の髯の実である。山野の林中に自生し、庭園にも植えられる。 初夏のころ淡紫色の小花を咲かせ、晩秋から冬にかけてえんどう 豆くらいの大きさの実をつける。熟すると美しい碧色となる。

*
龍の玉升さんとよぶ虚子のこゑ
飯田龍太 「山の影」

波羅蜜のこゑこぼれてや龍の玉
長谷川櫂 「初雁」

コメントは受け付けていません。